お出かけ

埼玉県川口市にある植物園、グリーンセンターで遊ぼう

埼玉県の川口市にグリーンセンターという、川口市が運営している花や木をテーマにした公園があります。川口市在住であれば身近な存在ですが、都内からでもそれほど遠くはないのでドライブがてらに遊びに行くにはちょうどよいです。

園内には温室や様々な花や樹木があり、1年を通していろいろな顔をみることができます。また、大きな広場があり、そこではいろいろな公園遊具や大きなすべり台、ミニ鉄道の運行も行っています。

グリーンセンターとは

川口市が運営している大きな公園(植物園)です。その名の通り、花や樹木をメインに年間を通じて様々なイベントも行っています。大きな噴水や木陰も多くあるのでのんびり散策するのも楽しいです。

公園情報抜粋

開園時間午前9時から午後5時 (入園は午後4時まで)
休園日毎週火曜日 祝日のときは開園翌日休園
祝日の翌日  12月25日~1月4日
1月3日は新年特別開園(無料)
無料駐車場630台(第1・第2・第3合計)
入園料
個人団体(30人以上)
一般310円1人につき220円
高校生 ※1100円
こども
(4歳~中学生)
100円1人につき70円
ミニ鉄道料金 210円(1回につき)
1人3回または3人でも使える回数券もあります。
(3枚つづりで510円)
運行時間 午前10時~午後4時(3月~11月)
午前10時~午後3時(12月~2月)
※ミニSL(蒸気機関車)の運行について
時間は、午後1時~午後2時30分(土・日・祝日)

詳細は公式サイトで確認してください。

どんな施設があるか

園内にはそこここで花が咲いていたり貴重な樹木があったりしますので、それらを見て回るのも十分楽しいですが、主に次のような施設があります。

  • 滝・大噴水
  • 大温室
  • バードセンター
  • ミニ鉄道
  • わんぱく広場

子連れの場合は、わんぱく広場がとても楽しいです。サンシェードテントやレジャーシートなどと一緒にお弁当も持って行けば一日遊べます。

テントを張ることのできる区画は限られていますので、開園後すぐにいっぱいになってしまいます。テントを使用する場合は早めに到着する方が良いでしょう。

ちなみに、園内にもレストランはありますが規模はそれほど大きくないので大変混み合います。おにぎりやスナックなどの軽食の販売もありますが、お弁当を持参していった方が子供連れには良いです。現地調達は結構大変です。

GWに訪れた時には、上記の写真のようなSLトレインにて園内を一周できます。園内の見所などを案内してもらえるので、初めての方は利用してみると面白いかと思います。

温室や花を見る

草木の写真を撮るのが好きな方、カメラを忘れてはいけませんよー。珍しい草木や樹木なども多く、温室や花壇にもたくさん花が咲いています。

時間帯によってもいろいろな顔を見せてくれるので、同じポイントでも日や時間を変えて訪れてみるとまた違った写真を撮れるかもしれません。

わんぱく広場がとても楽しい

草木を見て楽しむのはとても良いのですが、子供にしてみると退屈なのかもしれません。園内の子供を見ていると、皆一目散にわんぱく広場に向かって行きます。子育て中のパパ氏としても、わんぱく広場はとても気になります。

ミニ鉄道

グリーンセンターの施設の中でも人気ナンバーワンですね。お休みの日には乗り場に行列ができます。とはいえ、次から次に走っているのでそれほど並ぶこともなく楽しめるかと思います。

正直なところ、大人でも楽しいです。本格的なミニ鉄道ですが、土日祝日の午後1時~午後2時30分にはミニSL(蒸気機関車)が運行します。本物の石炭と水で走るSLです。公式サイトにも写真がありますが、煙を吐いて走る姿は小さいながらもかっこいいです。

※パパ氏が子供の頃は時間限定ではなく走っていた記憶がありますが、やはりSLは維持も大変なのでしょうね。

ミニ鉄道の路線内にはトンネルや鉄橋、途中駅(通過駅のみ)や踏切も多数あって電車好きなお子さんは見てるだけでも楽しいようです。踏切でずっと通り過ぎる様を見ている子もいてなんだか大人もうれしくなります。

ホームに止まっている客車に連結するため、バックで入線してきます。写真撮るのを忘れてしまいましたが、気動車の方向を変えるための転車台もあります。本格的です。

すでに乗客のいる客車に連結されます。ホームも3番線まであるので、始発駅は結構大きな駅です。券売機のある駅舎もミニ鉄道とは思えない造りです。

乗車料金

そんなミニ鉄道ですが、1回乗るのに210円かかります。これは大人も子供も一律料金で、0歳でも同じ料金です。

3枚綴りの回数券も売っていて、こちらの方が少しお得です。回数券ですが、1回で3人使っても大丈夫なので家族でしたら回数券を買った方がいいですね。

展望すべり台

わんぱく広場のシンボル的な、大きな展望台兼すべり台です。こちらも人気があるので混雑するような日では子供でいっぱいです。利用するには6歳以上で靴下や肘が隠れる服装が必須です。摩擦でやけどしちゃうんですね。

夢ふうせん

大きめな公園遊具のあるエリアです。大きなすべり台やローラーすべり台、蛇行する長いロープウェーのような遊具やアスレチック風な遊具など、とにかく子供が喜ぶこと間違いなしな遊具であふれかえっています。

娘氏も遊びつつここの写真を撮ろうと思ったのですが、とにかく混んでいて小さい娘氏には危険そうだったので断念しました。今度行った際にはもうちょっと偵察してこようと思います。

他にもプールなども

敷地は少し離れますが、流れるプールなどの施設もあります。冬にはスケートリンクにもなるので、地域の人たちの楽しい場所になっています。

また、集会堂のような施設もあって結婚式を挙げることもできます。ドラマの撮影地にもなっているようで、過去いくつかのドラマで使用されていると案内がありました。

行くなら朝一で

そんなグリーンセンターですが、行くなら朝一がオススメです。9時開園ですが、8時半には着きたいところ。

その理由はとにかくすぐ駐車場がいっぱいになる、これに尽きます。第3駐車場までありますが、第2と第3は少し離れます。正門のすぐ横の第1駐車場は台数も少なく、すぐに満車になってしまいます。

GW中に行った際は、8時半に到着した段階で3分の1が埋まっていて、開園10分前にはすでに満車でした。9時についても遅い、子供連れで近くに止めたいのであれば朝一を狙うしかないです。

ちなみに、公式サイトでも案内していますが公共交通機関を利用する手もあります。が、場所がちょいと不便なところなのでJRの駅からはバスで25分から30分かかります。地下鉄であれば徒歩10分くらいですので、都内から電車を使うなら地下鉄の方がいいかもしれません。

混雑していると少し大変ですが、緑いっぱいのなか遊んだりのびりしたりするにはオススメです。是非一度行ってみてください。