お出かけ

二歳でディズニーデビュー! アトラクションに乗らなくても一日遊んできた話

先日、娘氏が2歳になる直前にディズニーシーに行ってきました。ディズニーデビューです。まだまだ小さいのでアトラクションを楽しむことは難しいですが、朝から夕方まで一日遊べました。

子連れディズニーではどのように回れば良いか・・・?とか、これを持って行こう!とかはネット上に情報があふれかえっているので、ここではパパ氏たちがどんな風にディズニーシーで過ごしてきたかを紹介します。

ディズニーランドではなくディズニーシーに行った理由

小さい子連れの場合はディズニーランドが鉄板のようなんですが、今回はディズニーシーに行きました。その理由は次の通りです。

アトラクションにはほとんど乗れない

まだまだ小さいのでアトラクションにはほとんど乗れません。プーさんのハニーハントやイッツ・ア・スモールワールドなら乗れそうですが、けっこう怪しいです。

それならいっそのこと、今回はアトラクションメインではなく雰囲気やパーク内で見かけるイベントやショー、マーメイドラグーンのように遊べるエリアでのんびりしよう。と、言うことが一番の理由です。

混雑回避

遊べるエリアであればランドのトゥーンタウンでも良かったのですが、混在回避も考えました。同じ平日でも、ディズニーランドよりもディズニーシーの方が幾分空いているという情報が多かったためです。

単純にパパ氏ママ氏がシーに行きたかった(^^;

あと、パパ氏たちがディズニーシーに行きたかった、と。そういう理由もあります。何せ6年ぶりくらいに訪れるので、気分が高まってシーに行きたーいと盛り上がってしまいました。

車で行くならエントランス前の立体駐車場に入れたい

エントランス前の立体駐車場に入れられれば、車から降りてすぐに入場できますし、遊び疲れて帰ってきてもすぐに車までアクセスできます。

離れたところの立体駐車場も歩いてそれほど距離はないのですが、おとなしくベビーカーに乗ってくれない可能性も考えると、近いに越したことはありません。

行った日が金曜日で8時30分開園だったので、パパ氏たちは8時30分までに到着を目標に家を出ました。けっこう早めで7時には出発しました。

週末なのか、いつもなのか・・・

平日は車に乗らないので、平日朝の首都高事情がいまいちわかっていなかったのですが、超渋滞してました。予定到着時刻の倍近い時間が電光掲示板に表示されていて、ちょっと甘く見ていました。

結局8時30分目標は無理でしたが、早めに家を出たことも幸いして9時過ぎには到着できました。2時間くらいかかったので、通常時の約2倍といったところでした。

開園後30分程度で入れたので

エントランス前の立体駐車場2Fに入れられました。5F建てなので、かなり早めに到着できたかなと思います。

子供を下ろしてベビーカーに・・・やっぱり乗らなかったので近くで助かりました。駐車場を出たら目の前がチケットブースでしたが、今回はあらかじめチケットを入手していたのでそのまま入場ゲートに向かいます。

初めてのディズニーシー突入

入場してすぐの地球儀やグーフィー、プルートといったキャラクターのお出迎えもあってか、いきなりテンションMAXでした。

いつも以上にポーズを取ってくれて、写真を撮るパパ氏も自然と笑顔になります。

パークデビューシールをもらおう

初めてディズニーに行ったとき、キャストさんにお願いするとパークデビューシールをもらうことができます。娘氏はこれを背中に貼っていたのですが、見かけたキャストさんが声をかけてくれます。

娘氏は人とハイタッチをするのが好きなので、声をかけてくれたキャストの方と笑顔でハイタッチしてました。このシールは楽しい試みで、親としてもキャストとふれあっている娘氏を見てると微笑ましくなります。ハイタッチの瞬間は写真撮影です!

入り口付近で販売している風船は危険

いや、風船が危険なのではないですよ。見た瞬間に娘氏は必ず欲しがるので危険だと、そういう意味です。

買ってもいいのですが、けっこう歩くことを考えるとひもがついたおもちゃはあまり持ち歩きたくないです。絶対振り回すし引っ張るし、人混みではちょっと危ないです。

なので、気づかれないようにソーッと通り過ぎました。帰りなら買ってもいいかな。

ちょうど何かのイベントが終わったところ

入り口からメディテレーニアンハーバーに出たところで、ちょうど何かのイベント?ショー?が終わったところで、人がすごいことになっていました。

人混みをかき分けるように、まずはレストラン櫻を目指しました。お昼の確保を先にしておこうと思ったわけです。

お昼はレストラン櫻でのんびりと

本当は事前にプライオリティ・シーティングをしておこうと思ったんですが、Webからの予約は全く空いておらず・・・。当日朝9時にWeb予約もアリだったんですが、車が遅れたせいで店頭で予約することに。

店頭予約は朝10時から

レストラン櫻の開店は10時半なので、それより少し早く10時からプライオリティ・シーティングの受付が開始されます。

9時45分くらいに行ってみると、すでに5組くらい並んでいましたのでその後に続きました。10時ちょうどから希望を聞いて空いている時間で予約を受け付けてもらえます。

娘氏の機嫌もあったので早めが良かったのですが、運良く11時10分が空いていて助かりました。

ごはんまで1時間ほど時間を潰す

1時間ほど時間ができたので、適当にふらふらしながら時間を潰しました。タワーオブテラーの前に噴水の広場があるので、そこで水遊びしたり、ポップコーンを買いに行ったり。

そうそう、ポップコーンといえば、ガーリックシュリンプ味が最高においしいです。娘氏も気に入ったようでモリモリ食べていました。

レストラン櫻の並びで、もう少しS.S.コロンビア号の方に歩いて行くと売っています。ダッフィーのバケットが欲しかったので、バケットだけ買いにケープコッドの方に足を伸ばしたりもしていました。

子連れには最強レストラン

本当に最強だと思いました。

キッズメニューの裏には遊びながら待てるように、間違い探しや数字を選んで線を引いてみたり、遊べる要素が満載です。なおかつ、35周年の記念ランチョンマットももらえたりと、大人の方がテンション上がってしまいそうでした。

ごはんは、まだキッズメニューを完食できるほどではないので、大人が頼んだ季節のうどん膳を取り分けました。炊き込みごはんもついていて、取り分けてもボリュームあります。

食べ歩きもしたかったので、シェアして食べるのは良いアイデアでした。ちなみに、何も言わなくても子供用の取り皿やフォーク・スプーンを貸してもらえました。さすがです。

食事の後、いよいよパークの奥の方へ移動

ケープコッドの乗り場からロストリバーデルタ行きの船に乗れます。歩いて行ってもいいのですが、この船はベビーカーを広げたまま利用できるので乗ってみました。

風もちょうど良く、娘氏も大分ご機嫌で乗っていました。乗り場のキャストさんに手を振ったりと楽しそうでした。小さい子連れの方はオススメです。

到着後、降り口は通常と逆

ベビーカーや車椅子での利用の場合、通常の降り口だと階段があるため逆側から降りるよう案内されます。乗り口と同じ方向となります。

ちなみに、ロストリバーデルタの船着き場から地上まで、スロープがとても長いです(^^;

インディジョーンズくらいは乗ろうか、と思った

けど、乗りませんでした。さすがにこのアトラクションはけっこう混んでいました。ファストパスやアトラクション交代利用も考えましたが、今回はまぁいいか、ということにしました。

次に行ったときには利用してみようかな、と思います。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジには乗ってみた

すんごい空いてたんです。5分待ち。身長制限もないし、これなら乗れるかなーと。

・・・概ね楽しそうでしたが、嵐のシーンで雷が鳴ったら怖がってしまいました。暗いとちょっとまだ怖いかな。でも、また明るくなったら楽しそうにしていましたので、それほど嫌いというわけでもなかったようです。

ここで娘氏お昼寝の時間

シンドバッドから出てきたあたりから、少し眠そうにしていたのでベビーカーに乗せました。ゆらゆら歩いていたら程なくして寝てしまい・・・お昼寝の時間に突入です。

だいたい2時間くらい寝るので、ひとときのパパ氏ママ氏の時間です。とは言え、娘氏を置いてアトラクションに乗るわけにも行かないので、引き続きパーク内の散策です。

が、その前にカレーを

ディズニーシーに来ると必ず寄るのがカスバ・フードコートです。アラジンの辺りにあるカレー屋さんです。

レストラン櫻で少し量を抑え気味にしたので、ママ氏とシェアしながらカレーをいただきました。安定のおいしさです。カスバ・フードコートはかなり広いので、お昼を少しずらすと座席には余裕があります。繁忙期は別なのでしょうが・・・。

ベビーカーでも余裕で入っていけるくらいゆとりがあるので、子連れにも助かります。反面メニューはスパイスの効いたカレーしかないので、小さい子だと食べられるものがないかもです。甘口が行ければいいのですが・・・。

カレーについてくるナンは単品でも注文可能です。210円くらいだった気がします。今回は3種のカレーにナンを単品で追加してママ氏とシェアしました。

この後は本当にのんびりと

娘氏が起きるまで、のんびりとパーク内を見て回りました。マーメイドラグーンを下見してみたり、カレーポップコーンを買ってみたり、アイス食べてみたり。

アトラクション乗らなくても、パパ氏ママ氏もけっこう楽しんでいました。いい天気で、ほどよい混雑状況だったので、過ごしやすかったです。

マーメイドラグーンは子連れ天国

ラグーン内は暗くて写真撮るのが大変です。ブレブレなのはご容赦くださいませ。

噴水が飛び出るエリアや、靴を脱いで遊べるスペース、沈没船を模したプレイエリアなど、アトラクションを利用しなくても遊べる仕掛けが満載です。

正直なところ、子供がいなかった時にも何度も来ていますがこんなに遊ぶ場所があったとは知りませんでした。子供がいると目線が変わりますね。

このエリアのアトラクションは子供でも

マーメイドラグーン内にあるアトラクションは、小さな子供でもちゃんと座れれば乗れるものが多いです。娘氏も何か乗ってみようかと思ったのですが、うまく座っていられなかったので今回は断念しました。

お昼寝前でテンション高めであれば、あるいは行けたのかもしれませんが、次回の楽しみに取っておきます。

マーメイドラグーンシアター

歌って踊ってが大好きな娘氏なので、行けるかとは思ったんですが、シンドバッドの暗いのを怖がってしまったので、今回はこちらも断念。

もう少し慣れてくれば、娘氏なら多分楽しめる気がします。こちらも次回以降の楽しみに。

そろそろ帰宅の時間

マーメイドラグーンを出るともう夕方になっていました。17時前くらいです。

家に帰って、夕飯とお風呂の時間を考えるとそろそろ帰宅となります。朝9時くらいからパークに入って17時まで、あまりアトラクションを利用しなくてもあっという間でした。

ディズニーは、ただ散策するだけでもいろんな発見があって、全く飽きません。娘氏もまだ遊びたりないようでしたので、次回への楽しみがたくさん残っています。

エントランスに向かう途中、落ち葉を集めて作られたミッキーマウスを発見しました。娘氏大喜びです。

おみやげ屋さん

それほど買う予定ではなかったのですが、会社と近くのお友達にいくつか買って帰りました。

ディズニーのお土産屋さんは混み合うので、最初に購入してロッカーに入れてしまうか、帰りの時間がずれ込まないようにある程度計算していかないと、どんどん遅くなります。

そして帰りも大渋滞

朝に続き帰りも大渋滞でした(^^;

まぁ、こればっかりは仕方ないのですが、娘氏がもう少し大きくなって帰宅の時間がもう少し遅くても大丈夫なようであれば、平日でも混雑をある程度回避できるかなと思いました。

ディズニーデビュー、とても満足でした

娘氏も楽しそうで、パパ氏ママ氏も久しぶりのディズニーを満喫できて、とても有意義でした。日常生活では何かと慌ただしく大変なことも多いので、ちょうど良い息抜きになったかな、と思います。

久しぶりに楽しかったので味を占めたパパ氏ママ氏は、秋のハロウィンの頃に再度訪れようかなと計画しています。

娘氏ももう少し大きくなっているので、また違った体験ができるといいなと思っています。