おもちゃ

小さいうちから手を動かして遊べる、レゴのススメ

ブロック遊びって子供の手を動かして考えながら遊べるので、知育にとてもいいですよね。でもレゴなどのブロックは比較的部品が小さいので、ある程度大きくなってから出ないと危険です。

しかし、そんなレゴにも1歳半から対象としている商品が発売されていて、これはひとつひとつのブロックが大きく作られており、通常のレゴシリーズと比べてもパーツが明らかにでかいです。

とは言え、小さいうちは大人と一緒に声をかけながら遊ぶようにした方が安心です。ブロックを組んで、壊しての繰り返しが良い刺激となるようですので、1歳半くらいのお子さんをお持ちのパパ氏、ママ氏は一度試してみてはいかがでしょうか。

小さな子供向けデュプロシリーズ

おもちゃ屋さんやトイザらス、ヨドバシカメラなどに行くと大抵レゴのコーナーがあります。宇宙船や海賊船、映画のワンシーンを模したレゴなど様々な商品がありますが、小さな子供向けはデュプロシリーズです。

このシリーズは他のレゴよりもブロックが大きく作られているので、お店でも比較的見分けがつきやすいです。しかし、そんなデュプロシリーズの中でも対象年齢に差があるので、購入する際にはよく確認してください。箱の正面に2-5などと記載があります。

1歳半からであればコンテナデラックス

1歳半からの対象年齢であれば、今ですとみどりのコンテナデラックスが車や人形なども付属していてオススメです。ブロックや乗り物や動物を追加したければ、対象年齢を確認して同じデュプロシリーズで追加購入すると良いでしょう。

パパ氏が購入したデュプロは

ちょっと調べてみたのですが、もう販売していないようでした。Amazonでもかなり高額な値段がついていて、購入時の倍以上になっています。今でしたらみどりのコンテナデラックス一択かな、と思います。

ブロックの形状や製品の大まかな使用は同じですので、内容を紹介してみます。

ピンクのコンテナデラックス

娘氏は女の子なので、みどりではなくピンクのコンテナデラックスを購入しました。これだけで、女の子の人形やウサギ、ニワトリなどが付属しています。家の窓もあるので、ブロックを組んでおうちをつくろう!と言った遊びもできます。

こんなブロックなどが入っています

女の子の人形やウサギにニワトリです。キャラクター的なものはこの3種類しか入っていませんので、足りないようであれば追加購入しないといけません。

娘氏もはじめは十分楽しんでいたのですが、ちょっとキャラクター不足なのかなーと思う節も最近出てきました。もっと想像しながら遊べるように何か追加しようかなと思っています。

家っぽい何かを作ってその上で女の子が手を振っている図です。女の子の足下に大きめなブロックは窓なのですが、窓枠を引きちぎってどこかにぶん投げてしまいました・・・(^^;

簡単に外せるようになっていて、壊れることはなかったのですがすぐに取れてしまうのでちょっと油断すると見失います。

オレンジのお花の他に赤とピンクのお花が付属しています。家を作った時に、庭をもした場所にいつも差し込んでいます。この花びらがお気に入りのようで、女の子と一緒に並んでデザインしていることが多いです。

小さいうちからレゴに親しんで

1歳半だとほとんど作ることはできないです。パパ氏が何かを作って、一緒に遊んだ後盛大に破壊するのがいつもの流れです。

が、積み木などでもそうなのですが作って壊してを繰り返すことがとても知育には良いのだそう。そのうち壊した後に自分で新しく作り始めるようになってきます。今は娘氏もブロックを組み立てて何やらいろいろ作ろうとしています。

レゴの良いところは月齢の小さいうちから親しんで、大きくなったら対象年齢が上の製品を選択することができると言うこと。レゴワールドのレゴマジックにはまっちゃったと言えばそれまでですが、統一したクオリティで購入できることがレゴの強みなのかな、と思っています。

まとめてみると

小さいうちから月齢に合わせたブロックで知育を始めよう。積み木のように考えて手を動かせるブロック遊びは親子で楽しめます。そして大きくなったら対象年齢に合わせてブロックを選択できることがレゴの強み。